忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
スポンサーリンク
貴方もブログで報酬
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

ニュースや日常で気づいたら書くブログ 毒あり FX取引もあり
No.309 No.308 No.307 No.306 No.305 No.304 No.303 No.302 No.301 No.300 No.299
2017-10-21(Sat)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009-09-12(Sat)
ヤミ化する業者、“融資難民”も続出 改正貸金業法の衝撃
グレーゾーン金利が借り手が取り戻せる事となり、各社とも最近は正規の金利にて
貸し出しをしているようです。改正賃金業法では、確か年収の3分の1までとの事。
施行されると確かに以前より、借り手としては困る方は出てくるのかと思う。
ヤミ金へ向かう前に自分の今の借りている状況はどうなのか?確認してもらいたい。
借りていた期間が長ければ長いほど、払いすぎていた金利が取り戻せるのだから。

先日まで私も他人事のように過払い金請求の事は思っていた。
消費者金融で借りた事がないからであるが、ただ一社 クレジットカードでのキャッシングは
20年程前から、必要に応じて利用していた。ニコスカードなのだが・・・
もしやと思い取引履歴の開示請求をしてみたら、過払い金がしっかりと出ているではないか。
その額、50万円程。先日、担当の方から電話にて和解の提案があり、89万程で和解成立。
履歴が途中からであったので以前の分を推定で上乗せしてその金額に。
ニコスの場合、取引履歴の開示請求を申し込むだけで、ニコス側から正規の利息で計算されたものが
届き面倒な事は一切なしで電話だけでほぼ100%過払い金を取り戻せる。
引きなおしの計算を自分でやっても、誤差は僅かである。
自分で払いすぎているとの感覚もなかっただけにかなり嬉しい誤算であった。

昔からの知り合いの方から、つい先日 相談を受けた。自営業者の方だったのだが会社の経営状況が
悪く、毎月の支払いが難しいとの。そこで自己破産をしてやりなおせないか?との事であった。
話を聞くと、消費者金融4社から借りている。銀行の借り入れは来年で終るとの事。
それで、自己破産はもったいない。問題なのは消費者金融の返済だけであったので取引履歴の開示請求を
させて私が引きなおしの計算をしてみた所、ほぼ完済状態または過払い発生の状況であった。
2社は若干だけ残金が残っているので、もう少しだけ払うように話、後は債務不在の通告にて完了でき
もう2社は過払い発生状態であったので、計算書とともに本人に和解の交渉をしてきなさいと忠告。
アコムは金額も少額だったので、5割程で和解完了したそうである。3万ほどの過払いだったので・・・
もう1社のアイフルが35万円程、過払い状態だったのであるが、流石に素直に返してくれないようである。
3~5割の提示だったそうなのでこちらは訴訟に持ち込もうとの結論で現在、準備をしている状況である。
訴訟と言っても簡易裁判所の少額訴訟なので印紙代やらを差し引いても少しは得かと思っている。
知り合いの方が自分でできるわけじゃないので、全て書類やら請求書は私が作るようになるのであるが
中小の会社の経営者は、大変なのがわかっている。従業員に払う給料やら請求書。元受からの支払いが
遅れれば自分の所で用立てないといけないのであるから・・・。ましてや元受が倒産などしようものなら
目もあてられない。銀行は直ぐ貸してくれない、そういう時に消費者金融から借りてしまってたのであろう。
これで、知り合いも先が見えたとかなり喜んでいて私としても力になれてよかったと思う。

大変な思いをして毎月支払っている方は是非一度、ヤミ金に手を出す前に
取引履歴の開示請求をするべきだと思う。

また普通に返済してる方でも、長年使っているのであればやはりするべき。

ただ、そこまでしても駄目な場合は、ヤミ金に手を出す前にきっと必ず別の方法があるはず。
まず誰かに恥だと思わずに相談する事を勧めます。
一人で悩んでもよい方法は、なかなか見つからないのだから。


PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。


    TRACKBACK
    • この記事のURLとトラックバックURLです。
    • 必要に応じてご使用くださいませ。
    この記事のURL▽
    この記事のトラックバックURL▽
    No.309 No.308 No.307 No.306 No.305 No.304 No.303 No.302 No.301 No.300 No.299

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]