忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーリンク
貴方もブログで報酬
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

ニュースや日常で気づいたら書くブログ 毒あり FX取引もあり
No.284 No.283 No.282 No.281 No.280 No.279 No.278 No.277 No.276 No.275 No.274
2017-09-24(Sun)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009-04-09(Thu)
すでに約100万人がダウンロード!ネットに流出した『X-MEN』新作にヒューが遺憾の意

かなり久しぶりに記事を書きます(笑)最近、色々身の回りで忙しくて・・・
私は、元々レンタルビデオ業界にいた都合で、著作権侵害等に関しては
他の人より過敏になるほうです。現在は別の仕事をしておりますが・・
そもそも、以前の仕事(店)を辞めた原因は、DVDが主流になり初めの時。
それまでは、ビデオテープとしてのアナログだったものがDVDが出てデジタルデータとして
容易にコピーできネットの復旧により、将来は配信サービスに取って代わると
そう思い、将来性がない為に、長年続けてきた店をたたみました。
そもそも、日本においては映画を購入して見る人がアメリカ等と比べるとかなり少なく
レンタルで済ませる、人から借りるなど・・・良い映画だから、何十回も見るなんて人は
かなり少ないと思います。それが証拠に映画館にしても最新の作品のみ上映。
往年の名作を何度も何度もリバイバルで上映するなど、少なく思います。
確かに収益の面で考えればあたりまえでしょうが・・・
アメリカでは、良い映画は何度でも何十回でも映画館に足を運ぶ、または購入して
自宅で本当に台詞が言える程まで見る。そういう方が多い気がします。
確かに現在の映画は、一度見ればいい そんな映画が多いのも確かなのです。
これが違法コピーであっても見れればそれでいいと、そんな作品が多いのも現実でしょう。

結局は、作品の質の高さ及び見る側の製作者に対しての気持ち。
それがマッチしないと、これからも沢山のコピーで見て終わりとの現実が待っているのでは

私はたとえ、コピーしたもので見たとしても、本当に良い作品、何度でも見たい作品であれば
購入してやはり見るタイプであるが、その映画を見て感動した人などはやはり
そういう意識を持ってもらわないと、ドンドンと悪循環になるような気がしてならない。

 

PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。


    TRACKBACK
    • この記事のURLとトラックバックURLです。
    • 必要に応じてご使用くださいませ。
    この記事のURL▽
    この記事のトラックバックURL▽
    No.284 No.283 No.282 No.281 No.280 No.279 No.278 No.277 No.276 No.275 No.274

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]